がんばり屋でがまん強いということ

自分は割とがんばりやでがまん強い方だと思います。

けど、最後までは続きません。



実は大学院に行ったんですね。

大学出たあと。

でも、他の大学からそこの大学院に行ったので行ってからものすごく自分に合わないなって感じたんですよね。

そこの直属の上司である助教授が鬼のように厳しかった。

ぼろくそに怒られたりして、自分には向いてないんだと思って、2カ月くらい経った時

「辞めます」

って言ったんですね。


ところが、当時、自分はまだバカだったんですね。

自分の親がなんとかして辞めさせまいと、

「お前(私)がちょっとおかしくなっただけなんだ」

と思わせるような、手段を使ってきたのを真に受けちゃって、自分の選択は間違えてると思っちゃったんですね。

で、大学側に、

「すいません、やっぱり続けます」

って言って続けたんですが、その後もやっぱりうまくいかないで結局1年半で辞めちゃいました。


もし、今の自分だったら。

もし、一人さんの教えを教わっている自分だったら。

また取った選択は違ってきたんだろうなと思います。

多分辞めるのは辞めると思います。

ですが3カ月だけ、猛烈にがんばって、惜しまれてから辞めます。

惜しまれて辞める波動じゃないと、結局どこに行っても何をやっても前と同じようなことが起こるんですよね。

だから、今だったらそのことが分っているからそんなに苦労はしないと思います。



これが分かるか分からないか、ホントに微差だと思います。

育てる親も未熟なんですよ。

親の言う事なんか、正直聞かなくてもいいですよ。

てか、あなたにごちゃごちゃ言う親はそんなに成功してますか?そんなに幸せそうですか(笑)?



これは変な話なんで信じなくてもいいんですが、親って形式上は今世親をしてますけど、

前世じゃあなたの子どもだったかもしれませんし、きょうだいだったかもしれません。

どのみち所詮、今世じゃ2,30年あなたより型落ちした未熟な魂ですから。


で、あなたの本当の親はもしかしたら神様かもしれません。

神社にでも行って、ご神木にでも手を合わせている方が、よっぽど意見が通じるかもしれません。



見抜くの、大事だと思います。

で、私も今はがんばり屋もがまん強く生きるのもやめてます。

子どもをホントは二人作るのが世間的には正しいんでしょうが、一人でもう十分なんで、無理して作りません。

会社もホントに嫌だったら、すぐに辞めます。

まあ、これはちゃんと次の収入の道を作ってからですけどね(笑)

とりあえず、昔みたいにがむしゃらにがんばって、努力して、なんてことしないです。

もちろん、人に、社会に、貢献しないととは思ってるんでそれなりに努力はしますけど。


無理せず、顔晴る、この程度じゃないと人間壊れますよね。

壊れたらちょっとやそっとじゃ治りませんから。

では最後に今年の一人さんの詩で閉めます。

「今日はいつもより少しだけ

自分にやさしくしてあげて下さい

だってがんばっているんだもん 

ひとり」

本日は以上となります。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!




イデコ

こんばんは。

なにげに2日連続の投稿になってしまう(笑)

黙ってられません(笑)



個人型確定拠出年金の通知が届きました。

自分は自分の掛けれるマックスの金額、23000円を毎月払うことにしました。

これ、ホントにいいと思います。

23000円、丸々所得から控除になるんですよ。

これって、税金の税率が30%だと仮定したら6900円ですよ。

6900円が可処分所得として戻ってくるんですよ。

サラリーマンとして、やらない手はあるんだろうか。


さんざん職場の上司に罵声を浴びせられ、1月頃、

「なんなんだ、この個人型なんちゃらとかいうやつは。

確定申告でくそ忙しいときに変な手続きの書類書かせやがって!ムキー!!」

とか言われたシステム。

だけど、一旦確立してしまえば毎月約6900円の節税ですよ。

ありがたいじゃないですか。

庶民にとっては、ホントありがたいシステムです。



という訳で、なんのこっちゃ、さっぱり分からんと思ってるあなた。

とりあえず、楽天証券から申し込みましょう。

もしくはSBI証券。

わかんなくたっていいですよ。

私もほとんど理解してませんから(笑)

分かることは、ただ、サラリーマンの所得から

掛け金が丸々控除になるってことだけ。


ノープロブレム。

レッツアクション!

おっと、つい得意の英語が(笑)


という訳で、イデコ(個人型確定拠出年金)の情報のお福分けでした。

国民年金基金連合会からたった今、加入確認通知書が来たのでつい浮かれて書いてしまいました^^


では、今日は以上となります。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

生存報告

えー、

特にネタはありません。

タイトルにもある通り、生きてますよって報告だけです。


・立ち上げたサイトの手直し、記事の追加。

・読書。

・仕事。

などに明け暮れてます。子育てもですけどね(笑)



車を売って、お金を使うことがほとんどなくなりましたね。

どこかに行こうと思っても、嫁の許可を得なきゃいけないだし、やる作業も多いので全然外を出歩かなかったりしています。

この調子でいけば結構貯まるのかなと、ほくそ笑んでおります。


仕事もこれと言って問題なく職員が仕事に慣れてきたこともあって、順調に過ごしております。

最近気になっていることと言えば、ベランダにハトがくるので鳴き声にビックリするのと、フンを落とされないようにビックリさせなきゃってことですかね。

まあ、どうでもいいことですが(笑)


そんな平和な日々を過ごしております。

これを読まれてるあなたの人生も、平穏で、日々生成発展されますことをお祈りします。

ないとは思いますが、もし何か、ご意見、ご要望などございましたらコメント欄をご活用くださいませ。

あなたの人生に、ますますすべてのよきことが雪崩のごとく起きます!


では、読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

本を読んだらいいことあるかもよ

読書が楽しいです。

本を読むと、どんどん賢くなる気がします。

読まないとすぐに衰えるんですけどね。

最近読んだ本でおススメ。

「成功の心理学
人生の勝者に生まれ変わる10の方法」


この本に現時点で巡り合うことが出来て良かったと思う。

そして、もっと早く会いたかった。

この本を読む時間が無駄なのではない。

この本を読まずして成功しない時間の方が無駄だ。


誰かが言ってましたね。

「本を読む時間がないのではない。

本を読まないから時間がないのだ」

と。そんな感じですね。


そもそもこの本は先日行ったドラッグストア経営者の方が講演会の中で薦めてくれた本

『人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。』

の中で薦められていた本なので、その経営者の方が導いてくれた本とも言えます。

そのドラッグストア経営者の方の本、

「凡人でもできる夢実現のすすめ」

も面白いですね。まだ読み切れてませんが。


という訳で最近は本に関しては豊作を感じております。


本は読んだ方がいいですね。

ホントに。

面白いですよ。好きな本だったら夢中で読みますね。

娘にも、本を読んでるお父さんを見て、本好きになってくれたらいいなって思います。


本1冊、1500円だったとすると、月10冊で15000円、1年間で18万円ですか。

高いといえば高いかもしれませんね。

でも、年間120冊も本を読んでる人だったら、自分が社長なら絶対雇いたいですね。

本に対する投資は絶対無駄にならない、本をたくさん買って貧乏になった人はいないって、前述の『人生で大切なことは、すべて「書店」で買える』の中に書いてました。

同感ですね。

本を読みましょう。

読んで読んで賢くなりましょう。


前述の本なんて、自分がライバル視している人間には絶対読んで欲しくないですね。

テレビでも見て、お笑いでも見ながらのほほんとしていて欲しいと思います。

こんなん読まれたら脅威ですからね。


勉強しない人間に勝つのは簡単ですよ。

ほんのちょっと読書をすればいいだけだからですね。


さあ、ますます本を読もう。

そして、ブログ、サイト作りも顔晴ろう(笑)

では、今日は以上です。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

あなたのチームは安心出来る環境ですか?

こんにちは

連休中はほとんどアウトプットをせず
もっぱら読書と家族サービスにいそしんでいます。

特に「キングダム」を読むのを含めて読書にはだいぶはまってますね。

面白い本が多い。

で、久しぶりのアウトプットです。

最近、自分が接してなるほどなーと感心したことを2点。



まず1点目。

サイト作りの師匠から教えてもらった現代ビジネスのこちらの記事。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137

結論をいうとビジネスにおいて結果を出すために一番必要なのは「心理的安全性」ということ。

成功するチームは何をやっても成功し、失敗するチームは何をやっても失敗する。

同じ人間がどちらかのチームに所属してもそういう結果になったそうです。

つまり、個人の能力はあまり関係がない。

その人個人の能力が最大限に引き出されるためには組織のムード、何をやっても怒られないような雰囲気作りが大切だと。

それがチームの結果作りに一番影響を与えている要素であると。



なので、自分は今、身近な組織、会社や家族で今この「心理的安全性」を高める努力をやってます。

おそらく結果は出るでしょう。



2点目。

先日行った、ドラッグストア創業者の講演会で、講師の社長に薦められて読んだ竹中平蔵さんの本

「大変化」経済学が教える2020年の日本と世界

が面白い。

竹中さん、テレビでよく見るおじさんだなあというイメージしかなかったんですが(失礼w)大局からなかなか眺めてて、分かりやすい文章でもあり、読んでて勉強になりました。

また政策も一貫しており、こういうの、批判する人も多いだろうなあと思いますが、私は好きです。

読んだ感想として、この本に書かれているような時流に乗ろうとも思いましたし、新聞、メディアなどの地図を見るだけではなく、自分なりのコンパスを持って臨んでいきたいです。

こういう大局に向かう人や安倍総理、小泉総理などの人も結局、

「気にしない力」

を得て、先に進んでいるんだなあと感じました。「気にしない力」の強さを改めて認識しました。

末端の批判や一時的な政策後退なんていくらでも起こりますしね。

そんなもん気にしなくても、大いなる流れは誰も止めようがない、というのを痛感しました。

読んでて気持ちよかったです。

以上、2点。



まだまだ報告したいことは山ほどありますが、きりがないので要点2点だけに絞って今日はお送りします。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

続きを読む