予祝(よしゅく)

予祝(よしゅく)



あらかじめ、祝う。

前もって祝うこと。

古代、日本人は、

秋に稲がたわわに実ってお米が取れるよう、

桜をお米の実りに見立てて祝ったそうです。

夢を叶えるため、先に祝う。

お花見には、そんな引き寄せの法則があったのかもしれませんね。





予祝(よしゅく)




これは今から

10年の、とある雑誌の記事


一人のサラリーマンの身でありながら、なんでそんなに成功出来たんですか?


とにかくいろいろ本を読みましたね。

それから成功出来るかも、と思った行動はすべてやりました。

もちろん慎重に、お金をあまりかけずに出来る範囲からですけど。

不動産や、インターネットビジネス、確定拠出年金に、ふるさと納税まで(笑)

行動するだけタダじゃないですか。

タダでダメなら元々だし。




なるほど。きつかったりつらかったことはありますか?



不思議とあまりありませんでしたね。

なにかに熱中していることをフロー状態っていうらしいんですが、

一人でサイトを作ってる時も

ああ、もうこんな時間かって思うことがよくありましたね。

もっと作業がしたいって。

それをあたたかく見守ってくれた

妻と娘には感謝ですね。

娘には作業中、結構邪魔されたりしたことがありましたけどね(笑)

まあ、小さい頃の話ですが。



なるほど、今後の抱負などをどうぞ。


はい。

人に喜ばれるブログなんかを

作っていきたいと思ってます。

自分が伝えられることで

しあわせになる人が

少しでも多く出たらありがたいですね。

自分に何が出来るかは

わかりませんが

与えられた仕事を

淡々とこなしていきたいですね。


今日はどうもありがとうございました。


ありがとうございました。


2027年 素敵な旦那さん(亭主と生活社) 1月特大号の記事より



以上、妄想記事でした。



予祝(よしゅく)

それはあらかじめ祝うこと。

まだ現実ではないことを

起こったかのように

喜び、神に感謝すること


参考

「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」



では!

読んでいただいてありがとうございますw

感謝してます♪

AdSense の運用が開始されました

Google様より

メールが1通、入ってました。

その中には、

「AdSense の運用が開始されました」

との文字が。

おおおおおおおおおおおお、

やっとか、

やっとスタートラインに立てるのか(笑)

多分、自分より早く、進んでいる方からみたら、

今さら?

みたいな感じに写るかもしれませんが(笑)

とにかくやっと、Google様に

「あんた、

やっとどっかの馬の骨じゃないってレベルなのは分かったよ。

あとはあんたのやる気だけで

広告表示できるなら

それなりに

あんたのこと、評価してやんよ」

↑(上記のコメントは全くの私の空想です。

おそらくこういうことなのかなあというフィクションです)

というリアクションがいただけたのかなあという立場です。

ここから、

ここから初報酬までどんだけ時間かかんねん(笑)

って感じですが、

もはや報酬うんぬんよりも

ブログを続けることが出来ることに

快感を覚えている私にとって

怖いものは何もありません(笑)

どこまで井戸を掘るのかだって?

決まってるさ、

水が出るまでだよ。





水が出るまでやりますよ。

どこかの会社の鬼十則じゃないけれど、

受けたビジネス案件は

結果が出るまで食らいつきます(笑)

ある意味

一番往生際の悪い野犬のごとく、突き進みます(笑)

でもいいんです。

なんか、やばい。

楽しい(笑)

きっと美味しい焼酎、

伊佐大泉の影響でしょう^^





読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

はたらくということ



仕事をするとき、

楽ができると

得したって

だいたいの人は思うと思うんですが、

自分は

仕事ができたら得だって

思ってるちょっと変わった人間です。

仕事って

お金をもらうためだけにやるんだと思えば、

楽をした方がいい気もするんですけど、

自分はもう一つ、

因果をなくすため

にやってる部分がある気がするんですよね。

どういうことかというと、

悪いことをすると

因果が発生すると考える。

この因果って、

相手を傷つけたり、

嫌な思いをさせたりしたときに出来るものだから、

今世か来世で逆の立場になって

いやな気持ちになったりするのが分かるのではないかと

思うんですよね。

でも、

仕事を一生懸命やると、

その因果がちょっとだけ軽くなるというか、

大難(だいなん)が小難(しょうなん)に変わるような

そんな気がするんですよ。

それに、

なんか、

仕事の手を抜かなかった日の

酒ってやっぱりおいしいじゃないですか(笑)


そんなことかいって感じですが、

そんなことのために生きてるような気も

するんですね。

サボって

後ろめたい気持ちで飲む酒と、

どっちがいいだろうか。

こういう微差を

ちょっとだけずつ続けて、

これが10年、20年となったら

どれくらい違うんだろう。

神様は見てくれてますからね。

結果は開きますよ。

誰にも信じてもらえないでも

私だけはそう信じて

生きていくつもりです。

そしてにっこり笑って

あの世に戻れたらいいな、

そんな風に思います。



読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

ありがとうの奇跡

小林正観さんの

ありがとうの奇跡という本を読んでます。

本を読んで考えたことです。

ありがとうを言おう。

私は料理がほとんどできません。

ですが料理が得意な奥さんとお義母さんができて

それはおいしい晩御飯を毎日のように食べることができます。

ありがとう。

薬局で働いてますが

保険のコンピューター入力などほとんどできません。

全て事務の子がやってくれます。

ありがとう。

マンションに住んでますが

メンテナンス方法などほとんどわかりません。

全て管理組合や

メンテナンス会社がやってくれます。

ありがとう。

この前神戸に行きましたが

寝てる間に神戸に着いたり

大分に帰ったりしてました。

ありがとう。

男なんで子供が産めません。

妻が産んでくれて

ほとんど育ててくれてます。

ありがとう。

自力でどうにもならないことは

全て他力に感謝して

やってもらいなさいっていうことじゃないでしょうか。

ほんとありがたいですよね。

おいしいごはんや

健康食品を食べたりして、

思う存分仕事ができる。

しあわせな毎日に感謝です。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♫

お知らせ

ブログのタイトルを急遽変更いたしました。

変更理由についてはまた書きます。

自分にとってはだいぶ意味のあることです。

それでは引き続き、お楽しみください^ ^