私が大学院を辞めた理由 その1

需要があるかどうか分かりませんが。

知り合いに話したら面白いって言われたので調子にのって公開します。

私の大学院の時の話です。


私、大学は福岡の大学だったんですが、大学院は何を思ったか熊本の大学に行ったんですよね。

私の中では人生最大の壮絶な日々をここで送るんですが。

私が大学院に通ったのはまだ20世紀。世紀末と呼ばれる頃でした。

当時はまだアカハラなんてことばはなかったと記憶してます。

セクハラはあったとしても、パワハラという言葉もあったかどうかは微妙です。

で、私の中ではどう考えてもアカハラ(アカデミックハラスメント)だよ!っていう日々が続いたわけですね。

大学院の直属の上司である助教授が意地が悪い、意地が悪い。

ちょっとでも自分の気に入らないことがあったらものすごく怒鳴り散らされてました。

で、なんとか修士2年までいったんですが、夏休みで、大学4年生がいない時期でした。

私、その助教授と関わるのがほんとにもう、命がけでいやになったんですね。

で、もう研究室に行っても4年生もいないし、ほぼブラブラしてました。

そして、研究室に戻ると部屋の前に在室、とか外出とか出欠を知らせるマグネットを移動させるホワイトボードがあったんですけどね。

そのマグネットが私の名前の上に置かれて、もはやこいつは存在してないみたいな状態にされてたんですね。

やばいと思いました。

助教授、相当ご立腹だな、と。

私、多分相当恐れてたんでしょうね。

こいつにまた会ったら殺される、と訳の分からない恐怖観念が生まれました。

次の日の朝、体調が悪いんで休みますと電話しました。

その次の日の朝も休みますと電話したんですが、電話に出た助手に

「休むのは直接助教授に言って!」

と言われてビビりましたね。

もう、恐怖観念ですよ。

ココニイタラコロサレル。

そんな気持ちでいっぱいになった私は脱出を決行します。





気が向いたらまた続き書きます(笑)


読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

がんばり屋でがまん強いということ

自分は割とがんばりやでがまん強い方だと思います。

けど、最後までは続きません。



実は大学院に行ったんですね。

大学出たあと。

でも、他の大学からそこの大学院に行ったので行ってからものすごく自分に合わないなって感じたんですよね。

そこの直属の上司である助教授が鬼のように厳しかった。

ぼろくそに怒られたりして、自分には向いてないんだと思って、2カ月くらい経った時

「辞めます」

って言ったんですね。


ところが、当時、自分はまだバカだったんですね。

自分の親がなんとかして辞めさせまいと、

「お前(私)がちょっとおかしくなっただけなんだ」

と思わせるような、手段を使ってきたのを真に受けちゃって、自分の選択は間違えてると思っちゃったんですね。

で、大学側に、

「すいません、やっぱり続けます」

って言って続けたんですが、その後もやっぱりうまくいかないで結局1年半で辞めちゃいました。


もし、今の自分だったら。

もし、一人さんの教えを教わっている自分だったら。

また取った選択は違ってきたんだろうなと思います。

多分辞めるのは辞めると思います。

ですが3カ月だけ、猛烈にがんばって、惜しまれてから辞めます。

惜しまれて辞める波動じゃないと、結局どこに行っても何をやっても前と同じようなことが起こるんですよね。

だから、今だったらそのことが分っているからそんなに苦労はしないと思います。



これが分かるか分からないか、ホントに微差だと思います。

育てる親も未熟なんですよ。

親の言う事なんか、正直聞かなくてもいいですよ。

てか、あなたにごちゃごちゃ言う親はそんなに成功してますか?そんなに幸せそうですか(笑)?



これは変な話なんで信じなくてもいいんですが、親って形式上は今世親をしてますけど、

前世じゃあなたの子どもだったかもしれませんし、きょうだいだったかもしれません。

どのみち所詮、今世じゃ2,30年あなたより型落ちした未熟な魂ですから。


で、あなたの本当の親はもしかしたら神様かもしれません。

神社にでも行って、ご神木にでも手を合わせている方が、よっぽど意見が通じるかもしれません。



見抜くの、大事だと思います。

で、私も今はがんばり屋もがまん強く生きるのもやめてます。

子どもをホントは二人作るのが世間的には正しいんでしょうが、一人でもう十分なんで、無理して作りません。

会社もホントに嫌だったら、すぐに辞めます。

まあ、これはちゃんと次の収入の道を作ってからですけどね(笑)

とりあえず、昔みたいにがむしゃらにがんばって、努力して、なんてことしないです。

もちろん、人に、社会に、貢献しないととは思ってるんでそれなりに努力はしますけど。


無理せず、顔晴る、この程度じゃないと人間壊れますよね。

壊れたらちょっとやそっとじゃ治りませんから。

では最後に今年の一人さんの詩で閉めます。

「今日はいつもより少しだけ

自分にやさしくしてあげて下さい

だってがんばっているんだもん 

ひとり」

本日は以上となります。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!




生存報告

えー、

特にネタはありません。

タイトルにもある通り、生きてますよって報告だけです。


・立ち上げたサイトの手直し、記事の追加。

・読書。

・仕事。

などに明け暮れてます。子育てもですけどね(笑)



車を売って、お金を使うことがほとんどなくなりましたね。

どこかに行こうと思っても、嫁の許可を得なきゃいけないだし、やる作業も多いので全然外を出歩かなかったりしています。

この調子でいけば結構貯まるのかなと、ほくそ笑んでおります。


仕事もこれと言って問題なく職員が仕事に慣れてきたこともあって、順調に過ごしております。

最近気になっていることと言えば、ベランダにハトがくるので鳴き声にビックリするのと、フンを落とされないようにビックリさせなきゃってことですかね。

まあ、どうでもいいことですが(笑)


そんな平和な日々を過ごしております。

これを読まれてるあなたの人生も、平穏で、日々生成発展されますことをお祈りします。

ないとは思いますが、もし何か、ご意見、ご要望などございましたらコメント欄をご活用くださいませ。

あなたの人生に、ますますすべてのよきことが雪崩のごとく起きます!


では、読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

予祝(よしゅく)

予祝(よしゅく)



あらかじめ、祝う。

前もって祝うこと。

古代、日本人は、

秋に稲がたわわに実ってお米が取れるよう、

桜をお米の実りに見立てて祝ったそうです。

夢を叶えるため、先に祝う。

お花見には、そんな引き寄せの法則があったのかもしれませんね。





予祝(よしゅく)




これは今から

10年の、とある雑誌の記事


一人のサラリーマンの身でありながら、なんでそんなに成功出来たんですか?


とにかくいろいろ本を読みましたね。

それから成功出来るかも、と思った行動はすべてやりました。

もちろん慎重に、お金をあまりかけずに出来る範囲からですけど。

不動産や、インターネットビジネス、確定拠出年金に、ふるさと納税まで(笑)

行動するだけタダじゃないですか。

タダでダメなら元々だし。




なるほど。きつかったりつらかったことはありますか?



不思議とあまりありませんでしたね。

なにかに熱中していることをフロー状態っていうらしいんですが、

一人でサイトを作ってる時も

ああ、もうこんな時間かって思うことがよくありましたね。

もっと作業がしたいって。

それをあたたかく見守ってくれた

妻と娘には感謝ですね。

娘には作業中、結構邪魔されたりしたことがありましたけどね(笑)

まあ、小さい頃の話ですが。



なるほど、今後の抱負などをどうぞ。


はい。

人に喜ばれるブログなんかを

作っていきたいと思ってます。

自分が伝えられることで

しあわせになる人が

少しでも多く出たらありがたいですね。

自分に何が出来るかは

わかりませんが

与えられた仕事を

淡々とこなしていきたいですね。


今日はどうもありがとうございました。


ありがとうございました。


2027年 素敵な旦那さん(亭主と生活社) 1月特大号の記事より



以上、妄想記事でした。



予祝(よしゅく)

それはあらかじめ祝うこと。

まだ現実ではないことを

起こったかのように

喜び、神に感謝すること


参考

「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」



では!

読んでいただいてありがとうございますw

感謝してます♪

AdSense の運用が開始されました

Google様より

メールが1通、入ってました。

その中には、

「AdSense の運用が開始されました」

との文字が。

おおおおおおおおおおおお、

やっとか、

やっとスタートラインに立てるのか(笑)

多分、自分より早く、進んでいる方からみたら、

今さら?

みたいな感じに写るかもしれませんが(笑)

とにかくやっと、Google様に

「あんた、

やっとどっかの馬の骨じゃないってレベルなのは分かったよ。

あとはあんたのやる気だけで

広告表示できるなら

それなりに

あんたのこと、評価してやんよ」

↑(上記のコメントは全くの私の空想です。

おそらくこういうことなのかなあというフィクションです)

というリアクションがいただけたのかなあという立場です。

ここから、

ここから初報酬までどんだけ時間かかんねん(笑)

って感じですが、

もはや報酬うんぬんよりも

ブログを続けることが出来ることに

快感を覚えている私にとって

怖いものは何もありません(笑)

どこまで井戸を掘るのかだって?

決まってるさ、

水が出るまでだよ。





水が出るまでやりますよ。

どこかの会社の鬼十則じゃないけれど、

受けたビジネス案件は

結果が出るまで食らいつきます(笑)

ある意味

一番往生際の悪い野犬のごとく、突き進みます(笑)

でもいいんです。

なんか、やばい。

楽しい(笑)

きっと美味しい焼酎、

伊佐大泉の影響でしょう^^





読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪