夜と霧

ヴィクトール フランクルの夜と霧、読みました。

これは原文題の方がわかりやすい。

「心理学者、強制収容所を体験する」

一心理学者として学術的にも名をはせていたフランクルがひょんなことから強制収容所に入れられそこでの状況を、主に内面的な側面から描写していきます。

ひょんなこととは、彼はユダヤ人だった、たったそれだけ。

それだけで彼はアウシュビッツの強制収容所に送られてしまうのです。

そこは、苦しみと死しかないような過酷な状況。

フランクルも死と隣り合わせの生活を何年も体験します。

ですが彼は奇跡的に生還した。

これは、彼はこの作品を世に出す使命があったからではないかと感じられます。



強制収容所では、皆、憔悴しきってます。

極度の飢え、睡眠不足、凍えで精神状態は最悪です。

そこで彼は、死と、苦しみにも意味があるという風に考えます。

日々、憔悴して死んでいく仲間たちに

「苦しみ、死んでいくことも人間的成長には意味があることなんだ」

と、訴えることによって被収容者の共感を得ます。

また、このギリギリの精神の中、生きるか死ぬかの究極の状況の中でも人を助け、慈しみ、最後の時まで祈りを捧げるような人は存在し、サディスティックに人が苦しむことに喜びを覚えるような者も存在したという事を証言しています。

その境界は、被収容者、監督者という線引きでなされるのではなく、監督者の中にも自腹で近所の薬局に薬を買いに行き、被収容者のために使っていたものや、被収容者の中にも自分より劣る立場の者に対して暴力を振るっていたものがいたことから、個人の在り方によってこれは決まるという風に言っています。

優しい人と暴力的な人はどんな組織にも混在し、社会を形成しているのだと考えられます。

(閲覧注意)北九州で実際に起きた事件への感想

先日、

古本屋で一冊の単行本が目に留まったので思わず買ってしまいました。

ケモノの城

誉田哲也著

(現在は文庫本が出ています)

おぞましい

ホントにおぞましい。

思わず手に取って購入してしまったのを後悔するくらいの凄惨さ。

この話は凄惨といえば凄惨なんですが、何といっても注目する点は、

実際の事件を基に書かれているという事。

その事件は

北九州・連続監禁殺人事件。

この事件、あったなあぐらいの印象しかないんでどんなのだったかあまりよく覚えてなかったんですが

それもそのはず、

あまりにも残虐すぎて報道がほとんどされなくなっていったらしいです。

自分はケモノの城を読んでからはその基となった事件をどうしても知りたくなった。

このストーリーは本当にあったことなのか。

あったとしたら事実は一体どうだったのだろうか。

そして

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件 園田正義著

を読んでみました。

主犯、松永太に対してはコメントしようがありません。

いや、コメントをしたくないというのが正直な感想です。

私はこの事件で初めてサイコパスという人間たちがいることを知りました。

何度も書きますがあまりにも凄惨な事件のため、この本でも何度も目を覆いたくなるような場面に出くわしました。

ただ、共犯者、緒方淳子が最後に人間の心を取り戻したかのようなところに唯一の救いが与えられたような気がします。

地獄の、ほんとにかなり奥深いところ、奥の奥に一筋だけ光が差し込んだような、

こんなところにも神の愛は存在するのかと。

本当に人間、どんなところからもやりなおそうと思えばやり直せるし幸せになる意思があったらそこからが幸せへの道のスタートラインだってことがうかがえるコメントが読めて、この事件のことを目で追った甲斐があったと思いました。


そして20年ほど経って緒方淳子とその子供たちの再開を目で見たい。

(緒方淳子は無期懲役なのであと20年ほど経てば仮釈放で出てきます)

そして確認したい。

そこには言葉では言い表せない神的な空間が存在するんじゃないかと思うんです。

(ちなみに緒方淳子の子供は2017年10月「ザ・ノンフィクション」という番組に出演したようです)

贖罪という言葉では言い足りないほどの重たい因果を背負ってしまった淳子の人生の行きつく先が光に溢れたものならば、今ものすごく苦しんだりもがいてる人の心の支えになるのではないでしょうか。

是非、そういう人生を生きて欲しいし、それを見届けたい。

亡くなった方々の魂の救いもこの一点にかかっているようにすら思えます。

かなりヘビーな内容の事件でしたので、読んでて頭が混乱しそうになりましたが、亡くなった緒方誉(おがたたかしげ)さんや静美さんたちの魂が、私にこれらの本を読ませて書評を書かせてくれたような気がしなくもありませんでした。

以上、北九州で実際に起こった事件を追っての感想でした。



読んでいただいてありがとうございます。

2017年末~2018年始にかけての読書

お久しぶりです。

ほんとにお久しぶりの更新です。

冬の間、何をしていたかというと

ずっと本を読んでました。

もう、ほぼ変わんないですね、生活が(笑)



面白いことを書きたいですが、そんなにないので、まあ読書の報告でも(笑)



関ケ原!を年末読んでたんですが、

年末年始にかけてその続編である大坂冬の陣、夏の陣を書いた

「城塞」

を読んでました。

楽しかったですね。楽しいというのは変な言い方かもしれませんが。

この、江戸時代成立期までの人間のなんとも残酷な様がちょっと心に響いて引っぱられそうになりましたが。



そのあと、もっと歴史を探究したくて「武士の家計簿」の著者などでいらっしゃいます、

磯田道史(いそだみちふみ)さんの

「徳川がつくった先進国日本」

という本を読みました。

面白かったですね。

日本人がなんでこんなに優しいの?とか

なんで落とした財布が世界で一番戻ってくる国なの?

とかがよく分かりました。

江戸時代初期までの、残酷で戦や人殺しが当たり前だった時代から

いろんな学びや経験をして、みんなでがんばって働いて

稼いだ方が得じゃないか、という思想に変わっていった様がよく分かりました。



その後、私の関心はなぜか第二次世界大戦あたりに移ったので、

現在はノモンハン事件に関する本を読んでますが

それについてはまた次回(笑)

では!



読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!






関ケ原!

ブログ訪問、ありがとうございます。

せっかく訪問していただいたので、ちょっとだけ読んでいってくださいね^^



で、タイトルにもある通り、

「関ケ原」!!

を読みました(笑)

司馬遼太郎さんの本です。

もう、とても面白かったです。

なんだろう、気分はもう1600年、慶長年間にタイムスリップしてしまいます。

あまりにも面白いんで、今はその続きの

大坂冬の陣、夏の陣を題材にした続編

「城塞」

(著 司馬遼太郎さん)

を読んでます。

これまた面白いです。

ただ、城塞の方は脱線した文章が多いなとやや感じてます。

まだ上巻しか読んでませんので、最後でまとまるんでしょうけどね。


これらの本を、私はなんとなく家康になったつもりで読んでます。



家康がいかに諸侯をひきつけ、だまし、おどし、

天下を盗んだか、

(言い方が汚いですね^^;

司馬さんの作品を読んでいるとどうも、そんな気がするもんで)

を先を読みながら自分だったらどうするだろうとか考えながら読んでいます。


関ケ原の戦いなんて1600年に戦って家康が勝った、くらいの知識しかないもんで

知らないことだらけでストーリーが楽しめます(笑)


読んでて思ったのは、石田三成のようにはなりたくないな、と。

正しきが上にも正しきみたいに生きていると、

いいことを言っているのに人に恨まれたり、

場合によっては命狙われたり、

最終的には一生懸命がんばりながらも

自分の利益を失いかねないな、と。

がんばる方向性が違うと、こうも人間不幸へ不幸へ進んでしまうのか、

というのを目の当たりにします。


おそらく、実際の史実に基づいて書かれているので

ここに書いてあることはほぼ事実でしょう。


結局のところ、世の中のことは、ほぼ全て善悪ではなく、利害で決まっているのではないか、と読んでいて感じました。


400年前と今では状況も違うし、思想も全然違うんでしょうけどね。


生きるか死ぬかの選択肢を常に選ばされている人々の行動の中には、やはり人間の本能に近い、心理の本質が潜んでいると思います。

生きたければこうしろ!みたいな人生の明暗が、あなたならどっち?みたいな選択で、

こっちを選んだら打ち首、こっちを選んだら所領は安堵、その後数百年家は守られる、

という結果を持って解答という形にされているような気がします。



以上、ザックリと関ケ原の魅力について語らせていただきました。


では、

読んでいただいてありがとうございます!

最近読んだ本





読書の秋ですね。



ひたすらに



どこまでも。


ということで本を読み進めています。



最近



一番読んだ本



ジャイアントキリング!!

マンガ(笑)!


はい、サッカーマンガです。



これはもう、

一気に23巻まで読みました。

今、最新刊は44巻まで出ています。

、、、、、、、。

ちょっと休憩っす。

先は長いっす(;^_^A



次、


湊かなえさんの

告白

を読み始めました。

湊かなえさんと宮部みゆきさんの違いが

ちょっと前まで実は分かりませんでした(笑)

この「告白」は話に引き込まれますねー。




次、

村上春樹さんの1Q84をちょっとだけ読みました。

これはちょっと面白そうです。そしてちょっとお色気です(笑)



次、

上橋菜穂子さんの精霊の守り人シリーズをようやく読み終えました。

これは面白い!

そして文章の強さに圧倒されます。

自己啓発本しかほとんど最近まで読んでなかったので

また違う文学の表現などが頭に入って新鮮です。


そして、

上橋さんの「鹿の王」を読み始めました。

とてもスゴイ文章力で、ちょっと圧倒されましたが

面白い展開にもなりそうで楽しみです。




次、

ジェームススキナーさんの

「寝ながら稼ぐ」

という本を読みました。

この本、タイトルはふざけてますが、内容は全然ふざけてませんでした。

寝ながらかせぐというよりも

むしろ寝ながらでも稼ぐ、寝ている時ですら稼ぐというニュアンスでした。

恐るべし、大富豪!


この人の考え方のセンスは本を一回読んだくらいでは自分の頭の中に落とし込めないので、

内容をよく反芻し、必要であれば動画などで学んでいきたいと思います。



次、ラスト、

又吉さんの「火花」、読みました。

面白かったです。

めっちゃ笑いながら読んでたんですが、実はあるところでめっちゃ泣かされてしまい

それが外出先で読んでしまったもんで

「こんな泣ける本とか先にゆうてー(笑)(;^_^A」

とか思いました。

ホント、やばかったです。号泣させられてしまいました。

さすが芥川賞!って感じです。




今後読みたい本



騎士団長殺し(村上春樹さん)

関ケ原(司馬遼太郎さん)

蜜蜂と遠雷(恩田陸さん)

斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意(尾形幸弘さん)

コンビニ人間(村田紗耶香さん)




などなど。

きりがありません。

買って読んでない本とかもあるんで、まあ、ほどほどに、、、笑


以上、本についてつらつらと書き連ねてみましたー。


では!

読んでいただいてありがとうございます!

感謝してます!