成功は「気にしない人」だけが手に入れる



めっちゃ面白い本でした!

2時間くらいで一気に読み終わりました!

一人さん推薦本なので、あと2回、読みます^^

以下、本人インスタの文章より引用


nobunaga321私の人生おいて、もっとも衝撃的なできごとがおこりました
それは、自著【成功は『気にしない人』だけが手に入れる】
本の帯をあの<斉藤ひとり>さんに書いていただいたからです
<斉藤ひとりさん帯付き本の発売は23日以降>
斉藤ひとりさんとはどんな人か?
わざわざ説明の必要もないと思いますが
12年間連続で高額納税者公示制度(長者番付)10位以内という日本記録を打ち立て、累計納税額は2006年度の制度廃止までに前人未踏の173億円納税。
しかもすべて事業所得
という規格外のお方です
長者番付のランキング上位の方は上場後の株式公開などによるものがほとんどですが、ひとりさんは純然たる事業で売上をあげたお方です
言い換えれば、日本で一番商売が上手
ということでもあります
ひとりさんが<商売の神様>だというのは経営者の間ではもはや常識
また、読書が好きな方はご存じだと思いますが、作家としても大変偉大な方です。著書も多数
本の世界においても、絶大な影響力をお持ちです。
書籍の内容はもちろん素晴らしくて、世の中の原理原則をとても読みやすく表現しているものばかりです
世の中の成功者と呼ばれる人の中にも、ひとりさんの書籍に影響をうけた方は数知れず
自己啓発の分野においても、頂点に君臨するお方です
かくいう私も、学生時代にはじめて読書をしたとき、ひとりさんの本を読んでいました。
私からしたら神様のような人なので、このお返事をいただいたときは心臓止まるかというほどの衝撃でした
出版関係者なら日本中の誰もが驚くと思います
<もちろん出版関係者だけにとどまらないが>
それくらい、ひとりさんにご推薦いただくというのは大変な事件なのです
人生は何が起こるかわからない!!
でも、それを呼び寄せるのは運ではなく行動です
何もせず座っているだけで、幸せになることはないし
座ってるだけで売れっ子になるホストもいません
また、残念ながら<本を読んだだけ>では幸せになれません
行動している人にのみ運が味方をしてくれます
もしかしたら、ひとりさんにはそんな姿勢をご評価いただいたのかもしれません
いずれにしても、今年は一月にして最高の滑り出しをいただきました
2017年はいい年になること間違いなしです
最高のご縁に感謝(*^_^*) ーーーー
ーーーー
ーーーー引用ここまで


最初から最後まで同じテンションで読めました。

興奮して、一気に読んでしまったという感じ。

すぐに読めるからといってつまらない内容というわけではありません。

実際、ここに書いている通り、「気にせず」生きてると

途方もないご褒美をもらっているような気がします。

自分が成功しない理由ってこれなんだ!

っと本気で思いました。

いい本を推薦してくれて、本当に一人さんには感謝しております♪

以上です。

感謝してます♪


ワードプレス

こんにちは。

お正月はずっと

ワードプレスで

新しいサイトの立ち上げ準備なんかをしておりました。



なんか

こういうとやる気まんまんみたいですが

実際去年の7月からずっと放置していた

サーバーなどを

やっと動かしたってだけなんですけどねw

なんか、むつかしそうで

読むのもいやだったワードプレスの本

気愛!で読んでみたら

けっこうおもしろかった!



この本じゃなかったら絶対取り掛かりは

次のGWかお盆に先送りになってたと思うw

まず、技術書ということを

忘れさせるくらいの小話の量w

ほぼ大半は妄想コントが入っており、

作者の意気込みを感じさせますw

ナイスチョイス!

この本を買った

昨年10月くらいの私!

本屋さんで立ち読みして、

そのままさらっと会計までしちゃいました。

そして正月まで積読状態だったわけですが

解禁後、数日で私のサイト作成までしてくれちゃいました^^

実際の導入、ドメインやサーバーの準備などは昨年7月に

済ませてたんですけどね。

そこから半年間放置してました。

ワードプレスの管理画面って

なんか殺風景で、

なに?

ここからホントにサイト作成なんてできるの?


って思っちゃいましてそこから放置しちゃいました。

まだ、出来立ての殺風景で

恥ずかしいんで貼れませんが

一応タイトルは

「すべてのことは、順調に起きている」

でいこうかなと思っています。

ただ今、

家作りの基礎の部分を突貫工事で終えて

次々と資材投入中です

(今のところ、すべてこのブログからの転記となっておりますw)

感覚でいうと、新しい車に乗り始めて

乗り方をちょっとずつ体に慣らしている感じですね。

もし、サイト作成に興味がある方はぜひ、

一緒にやってみましょう!

と仲間(道連れ)を募ってみるw←この流れ、どこかでも見たようなw

というわけで、よかったらぜひ!






では、

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

確定拠出型年金を始めてみたいと思いました。

老後に3000万貯める

これが今の当面の目標なんですが、

その目標を無理なく

達成できるのではないかと思える

本に会えました。



「いますぐ妻を社長にしなさい」などを書かれている

坂下先生の最新刊です。

今、手元に100万円あるとして、

それに10万円の利息が毎年付くとしたら

30年経ったら300万円の利息ですよね。

(10万円×30年=300万円)

ですが複利という方式、

つまり、ついた利息分にも利息がつく方式を使えば

1年で10万、

2年で110万×0.1=11万、

3年で121万×0.1=12万1千、

4年で133万1千×0.1=13万3千100、、、、、

という風に徐々に増えていき、

30年後には1645万円の利息にもなります。

これは、毎年一定の利息(単利)がついた時の5倍以上にもなります。

(金利10%というのは、あくまでもたとえです。

こんなについたら誰だって飛びつきますよねw)

理論的には分かるのですが実践となると、なかなかむつかしいですよね。

まあ、やってみるしかないんですがw

ほかにも確定拠出型年金がなぜいいのか?

(私自身も確定拠出型年金という言葉は

知りませんでしたが、

本書を読んでるうちに、なんとなく、

確定拠出型年金や、ラップファンドなどの言葉が

わかるようになってきました)

など、お金の知識が増える情報がわかりやすくまとめられています。

日本人は学校で、

お金に関する教育をほとんど受けないじゃないですか。

そもそも教えている先生方が

蓄財方法など、ほとんど知らないからだと思うんですが。

お金に関する知識は家庭内や、

実際の経験などで学んでいくと思うんですが、

周りにお金持ちの人がいないと、

「宵越しの金は持たねえ!」

とか、妙な知識を持っちゃいそうじゃないですかw

我々一般ピーポーが

金持ちの知識を持つとしたら

こういう本を読むしかないと思うんです。

テレビはタダだけど、

ここまで踏み込んだ情報は発信しないと思いますし、

仮に発信した情報を得たとしても

その情報を活かして行動する人って

少ないと思うんです。

行動する人にだけ、

神様は微笑むのかな、


そういう風に思います。

1日数人の来訪者数の

当ブログで、

こういう情報を得たあなたはラッキーだと思いますよw

もう、これだけで先行者利益をバッチリ確保したようなものですw

あとは、

一歩でも、

半歩でも、

行動するのみです。



では!



読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

ありがとうの奇跡の書評の続き

ありがとうの奇跡をただひたすら読んでます。

少し精神面で変化があったので1点。

ある社長さんが三途の川を渡るという

臨死体験をされたとのこと。

この社長さんは地位も名誉もあったので、

神様から褒められるだろうと

意気揚々と渡っていったのだそうです。

すると、

お前はどれくらい人生を楽しんできたのだ?

と、神様に問われたそうです。

社長は答えられませんでした。

そういう風に人生をとらえたことがなかったからです。

社長は今世に連れ戻され、もう少し

修行をするよう、言い渡されたそうです。



自分に置き換えます。

自分は仕事以外の時は

ホントにしあわせ感に満ちた生活をしてると思います。

ですが、仕事の時に自分に問うたのです。

お前、今、しあわせ?

答えられなかったんですね。

仕事の時、

しあわせかどうかの概念で生きてることがないって

ここではじめて悟りました。

しあわせとか云々っていうよりも、

効率重視!

結果出すぜ!

みたいな感じでやってて、

全然しあわせかどうかという尺度で取り組んでなかったんですね。

これはしあわせを論じていこうという人間にとってみてはショックでした(笑)

で、しあわせを基準にして考えてみました。

仕事中、おれ、しあわせか?

そう考えていくと、

安らぎが生まれるんですね。

同時に不安も生まれます。

安らいでんじゃねえよ、仕事!仕事!

そんな声が自分の奥底から聞こえます。

そんな時も、

オレ、今、しあわせ?

ということを、徹底的に問います。

そうすると、安らぎですね。

成功の波動ともいえるようなものが

なんだか出てくるような気がするんですよ(笑)

頭の中で考える尺度を

ちょっと変えてみて、

しあわせであることをブレない。

芯からやっていくことが肝かなって思いました。

そして、天に召されたとき、こう言います。

うん、神様、とってもしあわせだったよ!

これが目標ですね(笑)

常に手は抜けません!(笑)

しあわせになるには努力が必要です(笑)

では!

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

ファスト&スロー(上)あなたの意思はどのように決まるか?



沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉 を読んで、その中に紹介されているファスト&スローを読んでみました。

まだ、読みかけですが、価値のある内容だと思ったので書かせていただきます。

上下巻合わせて5部構成なのですが、1部読んだだけでも結構気づきがありました。

第1部の内容は、脳は直感的に反応し、答えを出すシステム1と、物事をじっくり考えて答えを出すような、たとえば二けたの掛け算、17×24のようなちょっと頭を使わないといけないようなシステム2に分けられるということでした。

この動画を見たことがあるでしょうか?
今回ピックアップした動画には、白い服を着ているチームと、黒い服を着ているチームの計2チームが登場します。
白い服を着た人たちが、バスケットボールをチーム内で何回パスしたかを数えてくださいというものです。



どうでしょう、数えれましたでしょうか?

このように、何かに集中して答えを導き出すのがシステム2です。
このシステム2は大きなエネルギーを必要とし、他に注意を向けることができなくなります。
たとえパスを出してる最中にクマが横切ったとしても集中していたとしたらなかなか気がつかないものです。

私はこのシステム2が大いなるエネルギーを消費するという事例に着目し、
日常的になんとかこのエネルギー消費を抑えることができないかと行動してみました。

数日間、自分の思考をシステム1、システム2に分類し、エネルギー消費の多いシステム2を極力温存し、
システム1で仕事をおこなえないかと試みたのです。

結果は想像以上に良好なものでした。

システム1を使うことを意識した業務、システム2から解放されるためには周りの人間もシステム2から解放されうるような
環境づくりが必要になります。

ようするに、職場の雰囲気を和ませるような発言が、自分の口から出たということでした。

これは無駄な会話をしているようで、脳をリラックスして、必要な時に良好なパフォーマンスを発揮するという作戦としては
良好でした。

そして、職場のみんながそれに同調しているような気がしました。

ほんのささいな気づきなのですが、これを意識するのとしないのでは自分の疲労度や職場の雰囲気が大きく変わって
見えます。

正直、数日間検証しただけで、またこの本をすべて読んだわけではないのでなんともいえないのですが、結果から
手ごたえを感じているところであります。

引き続き、検証していきたいと思います。

第2部は第2部で、また新たな気づきがあったのですが、このシステム1、システム2の区別の概念が自分には
とても役にたった分類だったので紹介させていただきました。

ちなみにこの本、帯に「東大でいちばん読まれた本」と書いてますが、東大の人にこんな本、たくさん
読ませちゃだめですね。

高学歴の人が、止めようもないくらい心理学にも精通しちゃうじゃないですか(笑)

この本はおススメですね。

むづか面白いというんでしょうか。

時々、

こ、これは

というような、おったまげーな検証実験が載ってますよ^^

では、

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪