私が大学院を辞めた理由 その1

需要があるかどうか分かりませんが。

知り合いに話したら面白いって言われたので調子にのって公開します。

私の大学院の時の話です。


私、大学は福岡の大学だったんですが、大学院は何を思ったか熊本の大学に行ったんですよね。

私の中では人生最大の壮絶な日々をここで送るんですが。

私が大学院に通ったのはまだ20世紀。世紀末と呼ばれる頃でした。

当時はまだアカハラなんてことばはなかったと記憶してます。

セクハラはあったとしても、パワハラという言葉もあったかどうかは微妙です。

で、私の中ではどう考えてもアカハラ(アカデミックハラスメント)だよ!っていう日々が続いたわけですね。

大学院の直属の上司である助教授が意地が悪い、意地が悪い。

ちょっとでも自分の気に入らないことがあったらものすごく怒鳴り散らされてました。

で、なんとか修士2年までいったんですが、夏休みで、大学4年生がいない時期でした。

私、その助教授と関わるのがほんとにもう、命がけでいやになったんですね。

で、もう研究室に行っても4年生もいないし、ほぼブラブラしてました。

そして、研究室に戻ると部屋の前に在室、とか外出とか出欠を知らせるマグネットを移動させるホワイトボードがあったんですけどね。

そのマグネットが私の名前の上に置かれて、もはやこいつは存在してないみたいな状態にされてたんですね。

やばいと思いました。

助教授、相当ご立腹だな、と。

私、多分相当恐れてたんでしょうね。

こいつにまた会ったら殺される、と訳の分からない恐怖観念が生まれました。

次の日の朝、体調が悪いんで休みますと電話しました。

その次の日の朝も休みますと電話したんですが、電話に出た助手に

「休むのは直接助教授に言って!」

と言われてビビりましたね。

もう、恐怖観念ですよ。

ココニイタラコロサレル。

そんな気持ちでいっぱいになった私は脱出を決行します。





気が向いたらまた続き書きます(笑)


読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

尖ってるだろうか?

連休にも関わらずパソコンの前で勉強したり、こうやってカチャカチャキーボードを打ってるのは、自分でも本当に真面目だなと思います。



努力するつもりはありませんが、インプット、アウトプットがは習慣になりつつあるのでそれが出来てるということはまあ、いいのかなと思います。



あるセミナーで、自分のブログは「尖っているのか?」という問いかけがあったのでそれを検証しています。

尖っている、要するにこのブログに引っかかる人はいるのか。


このブログにいいね!をいただいてる方は応援の意思でやってくれてると思います。


ここで改めて自分のブログのコンセプトと、人生の目的みたいなものを確認します。


「自分が成功することによって神の存在を信じることが出来る存在になる」


なんじゃこら、という感じですね。

まあ、尖ってると言えばある意味尖ってる、か。


冒頭にも書きましたが、連休中にも関わらず、こんなにメッセージを書いてるのってどうなんだろう。

いろんなとこに旅行に行って丸々満喫することも出来るし、テレビを見まくって超満喫することも出来るわけで。

それを、敢えてしない。

読書と、家族サービスと、パソコン打ち込みに没頭出来るくらいの頭になってきました。



極めたいんですよね。

ゲームでもなんでも。

このままやったらどうなるのか。

ゲームもある意味最強、これ以上やる意味ないみたいなとこまでいけました。

ビジネスとゲームは違うことくらい分かりますが、でも、脳の処理的にそんなに大差はないんですよね。

どちらかというと、ビジネスの方が、村を出て、最初のスライムを倒すまでがむつかしい。


向いてないのかも知れませんが、いろいろ勉強になったので、やり始めたことに後悔はしてません。




やる以上は先行者の到達地点まで追いつきたい。


ていうか知りたいんですよね。

結果を出すってどういうことか。

これだけの市場がある以上、どこかにとっかかりがあるはずなんですよね。

そのとっかかりに引っかかりたい。

ゼロを1にするってエネルギーいりますね。

発芽に対して全力です。

入口さえ分かれば、入口さえ。

入口ずっと探してます、1年くらいw



ありがとうございます。

訪問いただけただけであなたは神様です。

では、また^^

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

ありがとう!