備忘録的な記事

おはようございます。

朝の風がだいぶ涼しくなってきました。

日中はまだ暑いですが。

また、ぼちぼち更新頻度を上げていけると思います(笑)



さて。

ずっとマンガを読んでます(もしくは本)

インベスターZ、現時点で読める18巻までを全て読み切りました!

それから知り合いが貸してくれた「ジャイアントキリング」っていうマンガ

サッカーの監督目線のスポーツマンガなんですがこれが読んでみたら結構面白い!

最初はスポーツものなんて興味なかったんですが、

うん、

この考え方、職場のマネジメントにも応用できるじゃん

ってことで

微妙に10巻までしか持ってないと言われたんで続きがすごく気になります(笑)

44巻くらいまで出ているとか(まだ続いている)

それと昨日からはなぜか「ナウシカ」のコミックス版を読み始めました(笑)

映画見たことないんですよって職場の人に言ったら

マンガ持ってるよって言われて貸してもらいましたw


うん

なんかムシがむにょむにょしてて

ちょっと申し訳ないけど気持ち悪い、、(笑)

でも、がんばって読みます!






それから、



習慣として、



毎朝起きたら

「大丈夫」

って言葉を1000回言っています。

100回じゃないですよ、1000回です(笑)

10回ずつ言うを100回繰り返す。

慣れたら10分でいけます(笑)

一人さんが教えてくれた修行なんですけどね。

面白いですよ。

普段、なにかあったら「大丈夫」がすぐ出てきます(笑)

これってどう考えてもピンチだよねって局面でも

「大丈夫、大丈夫」ってw

もう口ぐせなんですよ。



で、

大丈夫って言ってると、ホントになんでもないことになる。

今まで



何でもないようなことをー

ピンチだったと思うー



みたいな状態だったのかもしれません。

とにかく

大丈夫

大丈夫。

こればっかり頭の中をリフレインします。

もはや

ミスター大丈夫。

これからどんな化学反応を起こしていくのか楽しみです。

以上

徒然なるままに書き綴ってみました。



10年後に

「ああ、おれ、こんなことやってたなー」

って自分が思い出すために(笑)


ついでに読んでいただいてありがとうございます。

ってウソです(笑)

本当に、いつも読んでいただいて心からありがとうございますですよ。

感謝してます(^^)

終戦の日ですね

お久しぶりです。

ものすごく(笑)

なんか

暑いと

クーラーなしでパソコンを立ち上げると

壊れそうで、、、、、。



という言い訳で、全然更新のなかった自分を元気づけようと思います(笑)



さて

終戦の日ですね。



戦争についてはそんなに知識がなかったんですが

なんか

戦没者の霊に呼ばれるような

今知らなきゃいけないみたいな気がして

ここ最近先の大戦に対する本をずっと読んでました。



大東亜戦争。

戦没者は300万人以上。



東日本大震災の犠牲者が約1万8500人。


その200倍ぐらいの被害、、、、。


桁違いの被害者を出したわけですね。

自分が生まれる前の出来事ということであまり掘り下げていませんでしたが。



なんか

普通の新聞やマスコミのニュースを見ていると

終戦間際の被害のことばっかり言ってますよね。



先の大戦の実際の像ってあんまり見えないんですよね。


戦争はダメだ!

戦争はやっちゃいけない!


それは分かるんですが、じゃあなんで戦争始めちゃったの?

とか、

どうして負けていったの?

とかそんなことはよく分かってなかったんですね。

で、

戦争に関する本を読みました。

「失敗の本質」っていう本なんですけどね。



なんで日本が負けるまでに至ったか

とか

日本の組織的体質なんかを盛り込んだ割とむつかしい本でした。



それ読んでて思ったのは

「なんだ、日本はもうすでに

ミッドウェー海戦の時に負け決まってんじゃん」

とか

「ガナルカナルの戦い方

これはいただけませんねー」

とか、

まあこれは今現在のすべての情報が分かってる時点の

いわば神の視点での評価ですから

当時の人間の決断に、なんらケチをつけるものではありませんが。



どちらも昭和17年の戦いなんで、

その時点で負けがほぼ確定してるんだから

そこで参ったしてたら

(絶対しなかったでしょうが)

相当被害も少なくて済んだのになあとか思ってしまうわけです。



ミッドウェーで沈んだ日本の空母は4隻。

それに対して米海軍の空母は壊れかけの「ヨークタウン」っていう空母1隻のみ。

いかなる僥倖が米海軍にあったにせよ

日本にとっては痛すぎる損失であったはずです。

元々の生産能力も全然米軍の方が上ですからね。


ガナルカナルのところはザックリとしか読んでないんでなんとも言えませんが

戦力の逐次投入だったことだけは分かりました。

いや、日本側に情報少なすぎでしょ、とか

白兵戦でそんな大国、よう攻め込めませんわ

とか考えてしまう訳です。





この大戦の時の日本の体質って

良くも悪くも

ほとんど変わらず戦後日本を

作ってきたんだな、と感じました。



現在進行形で今でも

日本の企業ってあまり上層部から明確な指示を出さなかったり

情緒に流されて重要事項を決断したりだとか、

現場の人間は責任だけ多くて

決断権はまったく持ってなかったりだとか

まあほんと

体質ってほとんど変わんないなーとか思ったわけです。



お役にたったかどうか分かりませんが

一応終戦の日にちなんで私が戦争に対して感じることを

ズラっと書いてみました。



そういう考え方もあるのね、くらいに思って

読んでくれたら幸いです。



最後に、



先の大戦で亡くなった

全ての戦没者の方に、合掌。



では!

いつも読んでいただいて感謝してます!