ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法

(11月9日 記)

今回も本のレビューであります。



えー、この本は、

ちゃんと買いました(笑)

ですが速読でやれば1時間くらいで読めるかなー

というような印象でした。

まあ、中身は単純ですが実践すれば

しないのと大きな結果の差が出そうなので

また、じっくり読みたいと思います。

簡単に言えば

答えを読む

解説を読む

参考書を読む


みたいな流れにするといいよ!みたいな内容でしたが

なるほどな、と思いました。

実はこれと同じようなやり方で

今年の9月にある試験を受けたんですが

健康サポートに向けて

ここら辺ですね。

この本に書いているのとほぼ同じようなやり方で合格したので、

まあ、このやり方はやっぱり使えるな、と。

で、この暗記法でちょっとトライしたい試験があるんですけど。

知ってる人は知ってると思いますが

宅建っていう試験です。

(宅地建物取引士資格試験)

この宅建、合格率は結構低いんですが(15~16%くらい?)

マークシート方式で、がんばればなんとかなるんじゃないか、

くらいに思ってます。

この試験のことを調べてたらいつのまにか

インタネットビジネスがいいよ、という情報を得まして

なぜかこうしてブログを書いている今にいたる訳ですが(笑)

将来、不動産投資をする際に

仲介手数料がこれでかからずに出来るかなあと思っていますが

やはりむつかしいので、あれば得、くらいに考えています。

何かの試験に挑戦することで

娘にもこういうやり方で勉強すれば

お父さんでも結果が出せたよ、

と伝えたいですしね。

実際中学試験とかにもいづれ

向かうことになりそうですし。

なので、もしかしたらこの勉強法で

宅建試験に臨むことになるかもです!

(やるやる詐欺になるかもです。

一応状況次第で考えております)

後半は全く本のレビューになってませんが、

何か動いたら

またご報告します!

それでは!

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

コメント

非公開コメント

すごい暗記術があるのですね!

本読むのも遅ければ、記憶力もしょぼいので、一度試してみるのもいいかも!…です。

要検討します!

ありがとうございました。

No title

たくろうた様、コメントありがとうございます。
暗記術、これはより良い生活を送るためになるべく機械的な作業は減弱させましょうという考え方だと思い、この筆者の考え方に共感しました。
次に案内する本の方が検討に値すると思いますので、よろしければ次回の更新を楽しみにお待ちください^^
感謝してます!

No title

少し違うかもしれませんが、私も資格試験の勉強する時は同じ様なやり方でやっています。

とにかく過去問を何度も解いて答えと解説を読んでから参考書のその箇所が書かれている部分を確認しています。

参考書を1から読むのって、読み終えた時の満足感はありますが、試験では使えないことが多いですよね^^;

No title

どーもとさん、コメントありがとうございます。
どーもとさんは確か資格を多数持たれてましたね。
試験をたくさん受けて、それなりに結果を出してる人ってやっぱり何かしらの暗記法を見出してるのかもしれませんね^^