死んだら神様から聞かれること

今日の話は不思議な話なんで、面白くないと思った方は全然信じなくて大丈夫です。

信じていいと思った人だけ信じてくださいね。

人は死ぬと、神様からこう聞かれるそうです。

「今回の人生は楽しんできたか?」

というのと、

「人に親切にしてきたか?」

というのだそうです。

この2つ、実は違うことを言っているように見えてですね、実は同じ意味合いだそうです。

つまり、人に親切にして、喜ばれる存在になることが、楽しいにつながるのだそうです。

不思議な話ですが、でもこれ、なんとなく自分分かるような気がします。

人の役に立たないことをして、評価をされない時って、なんとなく楽しくないですよね。

それよりも、人に喜ばれることを言って、褒められたりした時の方が、なんとなく、気持ちいいですもんね。

これ、多分魂が分かっているのかなって思っています。

人と関わって、相手がいやな気分になったかなっていう時、

なんとなく自分もジワーっていやな気分になります。

ああ、あんなことしなきゃ良かったって思うんですが

やっちゃったもんはもうしょうがないですね。

そこから魂の成長につなげるしかないのかなって思います。

とにかく死んで、神様の前に行ったとき

「人生、楽しんできました!

人に親切にもしてきました!」

って、堂々と胸を張って言える人生を生きていきたいなって思いました。

「神様」とか、「魂」とかいう言葉を今日は多用したので、

いやな人は今日の話はスルーしてくださいね。

では、今日は以上です。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます。

コメント

非公開コメント