知り合いの人生相談に対する答え

最近は

私も人望が出来たのか

知り合いから軽い人生相談を受けるようなことが増えまして、

割と受けた方はリピーターのように

相談をされてくるのですが、

私も

その、

割と多忙でしてね(笑)

仕事もしないといけない、

子育てもしないといけない、

こうしてブログも書かないと(?)いけない。

なので、お世話になった方の相談には

無償でお答えしてるんですが、

それをブログのネタにするくらいじゃないとちょっと時間的にも回らないし、

ばちも当たらないんじゃないかと思いまして、

あえて修正してここに出させていただきたいと思います(笑)

まあ、だいたい人間関係の悩みが多いんですけどね。

で、今日きた相談。

以前の職場の同僚からなんですが

なんでもその職場の雰囲気が今すごく悪いとのこと。

職員同士の関係も悪いし、

社長と部下の関係も悪いとのこと。

そんな中、ちょっとした事件が勃発して

1人が出勤しなくなって、その責任を取るよう

社長が仲の悪い部下に顛末書を書くよう迫ってるとのこと。

うん、まあ、傍から見たらこりゃ泥沼だ(笑)

私もその会社に勤めていたのでそこの雰囲気は嫌というほどよく分かるので

「みんな気にしすぎ。気にしなければうまくいくんだけど

それが出来ないから結局大変なんだよねー」

っていうありがちな答えを出そうと思ったんですが

それではもう何も解決せず、また、同じような悩みが寄せられるような気がしたんですよね。

で、そろそろこれは私も相談者も魂的には一段階上がるべき時かなと思って

こんな返信をしました。

「なるほどですね〜。

多分、何事もなかったようにすれば、誰も困らない、損しないように解決するような気もしますがね〜。

○○さん(社長が嫌ってる部下)が言ったことは少し愛が足りないような気がしますがあえて気にしない。

社長も顛末書を書かせない。

○○ちゃん(出勤しなくなった人)が休んでいることは不問に処す。

○○ちゃん(その部署の職員)は気にしない。

○○さん(メールの相手)は家庭内行事に酔いしれる。

それで万事ハッピーっていきたいとこですね。

むつかしいのは100も承知です。

ですがその空気に流されて、あなたまで落ち込んじゃうと、貴社を明るくする人が誰もいなくなっちゃうんですよね。

周りが暗かったら明かりをつけなきゃって思うんですよね。

それと同じように、周りの人が暗くなったら明るくする人がいるような気がするんですよね〜。

周りが明るくなったらあえて静かにしていてもいいかなと思ってるくらいです。

今、みんなが暗くなってるんだったら、あえて周りの人を照らす明かりにもし良かったらなってみませんか?

○○さんや、○○さんにはお世話になってますし、あなたにもお世話になってるんで、うまくいって欲しいと思ってます。

私が貴社に乗り込んで、みんなを明るくするなんてことが出来ないもんで、こうやってあなたにお話しするしかないんですが。

あなたなら出来るって信じてます✨✨(笑)」

(ほぼ原文まま、修正あり)

そしたらその方も、そもそもは明るくていい方なんで

「なるほどー、全く発想になかったです、明かりになるなんて。

                 (中略)

色々アドバイスありがとうございました。私は私のやるべきことをがんばります!」

って答えてくれました。多分その方はうまくやってくれるんじゃないでしょうか。うれしいですね。

周りが暗かろうが落ち込んでようが、自分のしあわせには一切関係がないですよね。

冷たいようでもありますが。

それよりも、その暗い雰囲気に流されて落ち込んじゃうのが一番悪いと思っています。

人は死んだとき

「人生を楽しんできたか?人に親切にしたか?」

というのを神様に聞かれるらしいんですが、

そういう観点からすると、落ち込んでる暇なんてないですよね。

しっかり生きて、自分のお役目を全うする。

周りがどんなに暗かろうが、自分は明るく生きる。

それしかしあわせの道はないような気がします。

ちょっと長くなりましたが、今日の相談に対する私の答えは以上となりました!



ではでは!

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

コメント

非公開コメント