潰瘍性大腸炎にはゴアサ!

こんにちは


秋が徐々に深まってきますね。


そんな中、


ローソンでマチカフェコーヒーをいただいたり、


本屋で楽しい本を物色したりと

いい休日でした。


で、


今日の本題。

潰瘍性大腸炎の話です。


近年

徐々に増えてきているという、この

潰瘍性大腸炎。

若者を中心に発症するので

著しく生活の質を下げます。

いやですね。

近年

この潰瘍性大腸炎やクローン病では画期的な注射薬が

開発されたことにより

手術まで至る重篤なケースは少なくなっているみたいですが

緩解期における基本的な治療薬としてはゴアサ(5-ASA)製剤が用いられます。

成分名はメサラジン。

このゴアサ、

飲む塗り薬

と言われています。

大腸に塗るような感じで表面的に効果を発揮します。

大腸ってのはウ〇コになる手前ですよね。

このゴアサ、

普通に投与してしまうと

標的部位(ウ〇コになる手前)に到達する前に

消化管上部に作用してしまいます。

そこで、

DDS(ドラッグデリバリーシステム!)の出番ですw

このゴアサをですね、

あらかじめ他の化合物と結合させて飲ませ

大腸で分解させてゴアサが作用するようにしたり、



いやいやそもそもをふわっとコーティングして、

徐々にコーティングが溶けて溶け出すシステムを作ったりとか、



そしてもっとすごいと自分が思ったのは

胃の中って胃酸があるんで酸性ですよね。

食べ物をドロドロに溶かすために。

それで、小腸、大腸に向かうごとにだんだん食べ物は中性になっていくんですよ。


で、


酸性では全く溶け出さない

中性でバンバン溶け出す製剤を作ったらアラ不思議、

胃や小腸では溶け出さず

㏗7付近になる大腸の入り口で徐々に溶け出す製剤の完成になるんですよ。

なんということでしょう!

到達不可能と思われたゴアサ製剤が大腸全域、それもS字結腸付近にまできちんと到達しているではありませんか!

これは素晴らしい!

(ちなみに、直腸やS字結腸付近には坐薬や浣腸でゴアサをぶっこむって手もあります)


これで潰瘍性大腸炎の緩解維持は出来たも同然です。





潰瘍性大腸炎は緩解期と活動期を繰り返す病気です。

症状がよくなったからといって、自己判断で中止せず、医師の指示に従って服用を続けてくださいね。


あるデータによると、

きちんと薬を飲み続けた人の2年間の緩解維持は9割、

飲み忘れが多かった人の場合は4割と言われています。

ぜひ、続けて飲んでくださいね。


ちなみにこのゴアサ、

飲む塗り薬と言われるだけあって

用量依存的に副作用発現率は上昇しません。

つまり、たくさん飲んでも副作用は増えない!

(効果は用量依存的に上昇します。)


ちなみに同じように炎症を抑える目的で使われるステロイドには、累積投与量と副作用発現率には相関関係があります。

なので短期間でスパッと使うのが基本です。


そういう意味でもこのゴアサは比較的安全に使えると言えますね。



ブログ訪問感謝いたします。



需要があれば指定難病医療費助成制度の回に続きます。

ないかw

ではまた!

コメント

非公開コメント