FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜と霧

ヴィクトール フランクルの夜と霧、読みました。

これは原文題の方がわかりやすい。

「心理学者、強制収容所を体験する」

一心理学者として学術的にも名をはせていたフランクルがひょんなことから強制収容所に入れられそこでの状況を、主に内面的な側面から描写していきます。

ひょんなこととは、彼はユダヤ人だった、たったそれだけ。

それだけで彼はアウシュビッツの強制収容所に送られてしまうのです。

そこは、苦しみと死しかないような過酷な状況。

フランクルも死と隣り合わせの生活を何年も体験します。

ですが彼は奇跡的に生還した。

これは、彼はこの作品を世に出す使命があったからではないかと感じられます。



強制収容所では、皆、憔悴しきってます。

極度の飢え、睡眠不足、凍えで精神状態は最悪です。

そこで彼は、死と、苦しみにも意味があるという風に考えます。

日々、憔悴して死んでいく仲間たちに

「苦しみ、死んでいくことも人間的成長には意味があることなんだ」

と、訴えることによって被収容者の共感を得ます。

また、このギリギリの精神の中、生きるか死ぬかの究極の状況の中でも人を助け、慈しみ、最後の時まで祈りを捧げるような人は存在し、サディスティックに人が苦しむことに喜びを覚えるような者も存在したという事を証言しています。

その境界は、被収容者、監督者という線引きでなされるのではなく、監督者の中にも自腹で近所の薬局に薬を買いに行き、被収容者のために使っていたものや、被収容者の中にも自分より劣る立場の者に対して暴力を振るっていたものがいたことから、個人の在り方によってこれは決まるという風に言っています。

優しい人と暴力的な人はどんな組織にも混在し、社会を形成しているのだと考えられます。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。