信じる

おはようございます。

周りの人を

「いい人」

と表すことで仕事がやりやすくなった、

と先日書きました。

なんでそうなったか

ちょっと考えてみたんですね。

「いい人」って表すのは

周りの人を

信じる

ってことなんですよね。

これって斎藤一人さんのいう天国言葉

(天国言葉とは「愛してます ついてる うれしい 楽しい 感謝しています

しあわせ ありがとう ゆるします」という言葉です)

に通じることなんじゃないかと思います。

信じる、と、もしかしたら

裏切られるかもしれない。

だから心に伏線を張って何かいやなことを

言われるんじゃないか、と先回りして考えてしまう。

すると、そう思われた方はいい気持ちがしないので

本当にそういう態度を取ってしまう。

だから、こちらは

「自分が思った通りになった」

と思ってしまう。だけどそれは自分が引き寄せたものなんですよね。

無意識に話しかけられた時、あるいはちょっと用事があって話しかけなければいけない時

いやなこと言われたらどうしようって思ってしまうんですよね。

だから、意識的に頭を切り替えて

「この人はいい人なんだ、だから大丈夫。

いやな事なんて言いっこないよ」

って、思うようにしてます。

すると、ちょっとのことが受け流せるというか、

今まで引っかかり、引っかかりやっていたのが

スムーズにいくというか、そんな感じですね。

恐れって勝手に出てきちゃうんですよね。

恐れが出てきたら意識的に天国言葉を使わないといけない。

人間、不幸って無意識に生きていたら引き寄せてしまうけど、

しあわせって意識的に動かないと引き寄せられないなって思います。


しあわせになるのって努力がいるんですね。

今日もこれから「いい人」って表す練習です。

素早く「いい人」って切り替えられるよう

脳を使っていきたいと思います。

ここで鍛えるべきは自分自身なんですが、もしよければ

この切り替え、あなたも少し実生活でやっていきませんか?

よかったら、ともにしあわせの道を歩いていきましょう♪

あなたなら出来る♪

私なら出来る♪

信じています(^^)

ついてる、ついてる♪

では今日は以上です。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

コメント

非公開コメント