メルカリ、続報


割と早く拡散した方が

いいと思ったので、

今日は予定していた記事を

変更して送らせていただきます。

メルカリって、

先日もちょっとブログに書いたんですが、

ご存じない方のために説明すると、

スマホで出来る

フリマアプリなんですね。

で、まあどこでもそうかもしれないんですが、

結構出品者に有利で

購入者に不利なシステムなように思われます。


なので、出品側に回るにはいいんですが、

購入側に回ると、

商品に不備があったり、

出品者に誠意がなかったりした場合、

原則、返金の手続きがちょっと

むつかしいようです。


すいません、システムについて説明してませんでした。

購入者は出品者から商品を購入する場合、

直接支払わずにメルカリに一旦入金して、

双方の合意があった場合、出品者に入金可能な

状態になります。

ですが、

商品のやりとりは個人の間で行うので、

小さい小包型の封筒に入る商品じゃない限り、

購入者の住所は出品者に教えます。

(例外的にらくらくメルカリ便という制度を使えば

双方の住所は分からないようになってます)

でですね、

まあそれはいいんですが、

出品者がもし明らかに悪意を持って出品した

場合でもキャンセルの手続きや証明はややむつかしくなっているようです。


例えば、ブランド品ではないものを

ブランド品と偽って送られた場合、

それを開封して、購入者側が偽物と分かって抗議したとしても、

出品者が悪意を持って

「いや、ちゃんとブランド品を送りましたよ。

あなたが差し替えたんじゃないですか?」

と言い張れば

金額返済にかなりの時間がかかるでしょうし、

場合によっては購入者側の虚偽ともとらえられかねない

事態になる可能性もあります。


それくらいのリスクがあることくらいは皆さん了承しているかとも思いますが、

なんか、今現在事後手続きを踏んでる状態で

結構めんどくさいことになりそうなので、

こうして記事書いてます。

はい、めんどくさそうなの踏んじゃいました。

まあ、踏んじゃったものはしょうがないので、あとは事務局の対応を

待ちたいと思います。

もしこの事務局の対応が神的に素晴らしかったら

また記事に書かせていただきます。

ですが、あまり期待せず、冷静に待ちたいと思います。

以上、今回の教訓から

同じことが二度と起こらないようにするにはどうすればいいかを考えた結果、

この情報を拡散しようと思った次第であります。

では本日は以上です。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

コメント

非公開コメント

購入者側の立場が弱い…確かにそうですよね。

管理者など第三者を経由すれば安心かもしれないですが、直接のやり取りであれば、悪意ある出品者とのトラブルなどあってもおかしくないですもんね。

便利なシステムと思ってましたが、気をつけないといけないですね…

とても参考になりました!!
ありがとうございます!

No title

たくろうた様、コメントありがとうございます。

参考にしていただければ幸いです。

これも一つの魂的な試練と思うようにします。

ちょっと魂を成長させて、乗り越えることが出来るように顔晴りたいと思います。

感謝してます!