私が大学院を辞めた理由 その1

需要があるかどうか分かりませんが。

知り合いに話したら面白いって言われたので調子にのって公開します。

私の大学院の時の話です。


私、大学は福岡の大学だったんですが、大学院は何を思ったか熊本の大学に行ったんですよね。

私の中では人生最大の壮絶な日々をここで送るんですが。

私が大学院に通ったのはまだ20世紀。世紀末と呼ばれる頃でした。

当時はまだアカハラなんてことばはなかったと記憶してます。

セクハラはあったとしても、パワハラという言葉もあったかどうかは微妙です。

で、私の中ではどう考えてもアカハラ(アカデミックハラスメント)だよ!っていう日々が続いたわけですね。

大学院の直属の上司である助教授が意地が悪い、意地が悪い。

ちょっとでも自分の気に入らないことがあったらものすごく怒鳴り散らされてました。

で、なんとか修士2年までいったんですが、夏休みで、大学4年生がいない時期でした。

私、その助教授と関わるのがほんとにもう、命がけでいやになったんですね。

で、もう研究室に行っても4年生もいないし、ほぼブラブラしてました。

そして、研究室に戻ると部屋の前に在室、とか外出とか出欠を知らせるマグネットを移動させるホワイトボードがあったんですけどね。

そのマグネットが私の名前の上に置かれて、もはやこいつは存在してないみたいな状態にされてたんですね。

やばいと思いました。

助教授、相当ご立腹だな、と。

私、多分相当恐れてたんでしょうね。

こいつにまた会ったら殺される、と訳の分からない恐怖観念が生まれました。

次の日の朝、体調が悪いんで休みますと電話しました。

その次の日の朝も休みますと電話したんですが、電話に出た助手に

「休むのは直接助教授に言って!」

と言われてビビりましたね。

もう、恐怖観念ですよ。

ココニイタラコロサレル。

そんな気持ちでいっぱいになった私は脱出を決行します。





気が向いたらまた続き書きます(笑)


読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます♪

尖ってるだろうか?

連休にも関わらずパソコンの前で勉強したり、こうやってカチャカチャキーボードを打ってるのは、自分でも本当に真面目だなと思います。



努力するつもりはありませんが、インプット、アウトプットがは習慣になりつつあるのでそれが出来てるということはまあ、いいのかなと思います。



あるセミナーで、自分のブログは「尖っているのか?」という問いかけがあったのでそれを検証しています。

尖っている、要するにこのブログに引っかかる人はいるのか。


このブログにいいね!をいただいてる方は応援の意思でやってくれてると思います。


ここで改めて自分のブログのコンセプトと、人生の目的みたいなものを確認します。


「自分が成功することによって神の存在を信じることが出来る存在になる」


なんじゃこら、という感じですね。

まあ、尖ってると言えばある意味尖ってる、か。


冒頭にも書きましたが、連休中にも関わらず、こんなにメッセージを書いてるのってどうなんだろう。

いろんなとこに旅行に行って丸々満喫することも出来るし、テレビを見まくって超満喫することも出来るわけで。

それを、敢えてしない。

読書と、家族サービスと、パソコン打ち込みに没頭出来るくらいの頭になってきました。



極めたいんですよね。

ゲームでもなんでも。

このままやったらどうなるのか。

ゲームもある意味最強、これ以上やる意味ないみたいなとこまでいけました。

ビジネスとゲームは違うことくらい分かりますが、でも、脳の処理的にそんなに大差はないんですよね。

どちらかというと、ビジネスの方が、村を出て、最初のスライムを倒すまでがむつかしい。


向いてないのかも知れませんが、いろいろ勉強になったので、やり始めたことに後悔はしてません。




やる以上は先行者の到達地点まで追いつきたい。


ていうか知りたいんですよね。

結果を出すってどういうことか。

これだけの市場がある以上、どこかにとっかかりがあるはずなんですよね。

そのとっかかりに引っかかりたい。

ゼロを1にするってエネルギーいりますね。

発芽に対して全力です。

入口さえ分かれば、入口さえ。

入口ずっと探してます、1年くらいw



ありがとうございます。

訪問いただけただけであなたは神様です。

では、また^^

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

ありがとう!

がんばり屋でがまん強いということ

自分は割とがんばりやでがまん強い方だと思います。

けど、最後までは続きません。



実は大学院に行ったんですね。

大学出たあと。

でも、他の大学からそこの大学院に行ったので行ってからものすごく自分に合わないなって感じたんですよね。

そこの直属の上司である助教授が鬼のように厳しかった。

ぼろくそに怒られたりして、自分には向いてないんだと思って、2カ月くらい経った時

「辞めます」

って言ったんですね。


ところが、当時、自分はまだバカだったんですね。

自分の親がなんとかして辞めさせまいと、

「お前(私)がちょっとおかしくなっただけなんだ」

と思わせるような、手段を使ってきたのを真に受けちゃって、自分の選択は間違えてると思っちゃったんですね。

で、大学側に、

「すいません、やっぱり続けます」

って言って続けたんですが、その後もやっぱりうまくいかないで結局1年半で辞めちゃいました。


もし、今の自分だったら。

もし、一人さんの教えを教わっている自分だったら。

また取った選択は違ってきたんだろうなと思います。

多分辞めるのは辞めると思います。

ですが3カ月だけ、猛烈にがんばって、惜しまれてから辞めます。

惜しまれて辞める波動じゃないと、結局どこに行っても何をやっても前と同じようなことが起こるんですよね。

だから、今だったらそのことが分っているからそんなに苦労はしないと思います。



これが分かるか分からないか、ホントに微差だと思います。

育てる親も未熟なんですよ。

親の言う事なんか、正直聞かなくてもいいですよ。

てか、あなたにごちゃごちゃ言う親はそんなに成功してますか?そんなに幸せそうですか(笑)?



これは変な話なんで信じなくてもいいんですが、親って形式上は今世親をしてますけど、

前世じゃあなたの子どもだったかもしれませんし、きょうだいだったかもしれません。

どのみち所詮、今世じゃ2,30年あなたより型落ちした未熟な魂ですから。


で、あなたの本当の親はもしかしたら神様かもしれません。

神社にでも行って、ご神木にでも手を合わせている方が、よっぽど意見が通じるかもしれません。



見抜くの、大事だと思います。

で、私も今はがんばり屋もがまん強く生きるのもやめてます。

子どもをホントは二人作るのが世間的には正しいんでしょうが、一人でもう十分なんで、無理して作りません。

会社もホントに嫌だったら、すぐに辞めます。

まあ、これはちゃんと次の収入の道を作ってからですけどね(笑)

とりあえず、昔みたいにがむしゃらにがんばって、努力して、なんてことしないです。

もちろん、人に、社会に、貢献しないととは思ってるんでそれなりに努力はしますけど。


無理せず、顔晴る、この程度じゃないと人間壊れますよね。

壊れたらちょっとやそっとじゃ治りませんから。

では最後に今年の一人さんの詩で閉めます。

「今日はいつもより少しだけ

自分にやさしくしてあげて下さい

だってがんばっているんだもん 

ひとり」

本日は以上となります。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!




イデコ

こんばんは。

なにげに2日連続の投稿になってしまう(笑)

黙ってられません(笑)



個人型確定拠出年金の通知が届きました。

自分は自分の掛けれるマックスの金額、23000円を毎月払うことにしました。

これ、ホントにいいと思います。

23000円、丸々所得から控除になるんですよ。

これって、税金の税率が30%だと仮定したら6900円ですよ。

6900円が可処分所得として戻ってくるんですよ。

サラリーマンとして、やらない手はあるんだろうか。


さんざん職場の上司に罵声を浴びせられ、1月頃、

「なんなんだ、この個人型なんちゃらとかいうやつは。

確定申告でくそ忙しいときに変な手続きの書類書かせやがって!ムキー!!」

とか言われたシステム。

だけど、一旦確立してしまえば毎月約6900円の節税ですよ。

ありがたいじゃないですか。

庶民にとっては、ホントありがたいシステムです。



という訳で、なんのこっちゃ、さっぱり分からんと思ってるあなた。

とりあえず、楽天証券から申し込みましょう。

もしくはSBI証券。

わかんなくたっていいですよ。

私もほとんど理解してませんから(笑)

分かることは、ただ、サラリーマンの所得から

掛け金が丸々控除になるってことだけ。


ノープロブレム。

レッツアクション!

おっと、つい得意の英語が(笑)


という訳で、イデコ(個人型確定拠出年金)の情報のお福分けでした。

国民年金基金連合会からたった今、加入確認通知書が来たのでつい浮かれて書いてしまいました^^


では、今日は以上となります。

読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!

生存報告

えー、

特にネタはありません。

タイトルにもある通り、生きてますよって報告だけです。


・立ち上げたサイトの手直し、記事の追加。

・読書。

・仕事。

などに明け暮れてます。子育てもですけどね(笑)



車を売って、お金を使うことがほとんどなくなりましたね。

どこかに行こうと思っても、嫁の許可を得なきゃいけないだし、やる作業も多いので全然外を出歩かなかったりしています。

この調子でいけば結構貯まるのかなと、ほくそ笑んでおります。


仕事もこれと言って問題なく職員が仕事に慣れてきたこともあって、順調に過ごしております。

最近気になっていることと言えば、ベランダにハトがくるので鳴き声にビックリするのと、フンを落とされないようにビックリさせなきゃってことですかね。

まあ、どうでもいいことですが(笑)


そんな平和な日々を過ごしております。

これを読まれてるあなたの人生も、平穏で、日々生成発展されますことをお祈りします。

ないとは思いますが、もし何か、ご意見、ご要望などございましたらコメント欄をご活用くださいませ。

あなたの人生に、ますますすべてのよきことが雪崩のごとく起きます!


では、読んでいただいてありがとうございます。

感謝してます!